ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking

ポッドキャスト ランキング Podcast Ranking

はじめての方へ 視聴方法 サイト登録 登録情報変更 ヘルプ
番組データ・配信リスト
番組データ・配信リストのヘルプ
クラシック音楽MP3・楽譜無料ダウンロード
評価 04.84/10 |評価数490 |あなたの評価は星1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 つ!
著作権が切れ、パブリックドメインとなったクラシックのMP3・楽譜・着メロ着うたの無料フリーダウンロード、動画・視聴(試聴)
最新配信 11/07/04 10:33 「シューマン ダヴィッド同盟舞曲集, Op. 6」RSS
ユーザー評価数
※バナーやランキングのリンクからポッドキャスト番組を評価したユーザーの延べ人数です。ランキングに表示されている評価数は月間のユーザー評価人数となります。
今月の評価数 490人 今までの総評価数 00490人
番組データ
番組内容:指定なし/音楽、メディア:音声、雰囲気:指定なし、世代:指定なし、配信地域:愛知県、趣味:指定なし、職業:指定なし、検索キーワード:クラシック
タグ・キーワード
※2009年3月に荒らし行為が確認されたため、現在、閲覧者によるタグ・キーワードの自由追加フォームを停止しています。
クラシック
配信リスト
※10件まで掲載します。それ以前は番組サイト(配信元)でご覧ください。
シューマン ダヴィッド同盟舞曲集, Op. 6 
11/07/04
ロベルト・シューマンが1837年に作曲したピアノ曲集である。「ダヴィッド同盟」というのは、シューマンが考え出した架空の団体であり、保守的な考えにしがみついた古い芸術に対して、新しいものを創作するために戦っていく人達であり、この作品の他にOp.9の謝肉祭にも登場する。ここではフロレスタン(F)とオイゼビウス(E)の2人が主役である。前者は明るく積極的な「動」を象徴し、後者は冷静で思索的な「静」を象徴する人物で
シューマン おとぎ話, Op. 132 
11/05/17
【MP3】クラリネット:レオポルト・ウラッハ / ピアノ:イェルク・デームス / ヴァイオリン:エーリッヒ・ヴァイス / 1950年【楽譜】IMSLP-Märchenerzählungen, Op.132 (Schumann, Robert)おとぎ話, Op.132.pdf【動画】
シューベルト 鱒, D. 550 
11/02/16
1817年にフランツ・シューベルトが作曲したドイツ・リートの1つ。シューベルトのピアノ伴奏独唱曲としては、きわめて人気の高い楽曲の1つ。3節からなるシュトローフェンリート(Strophenlied)であるが、第3節がシューベルトおなじみの技法によって大幅な変化を付けられている。クリスティアン・フリードリヒ・ダニエル・シューバルトの歌詞に曲付けされており、歌詞はずる賢い漁師が罠を使って魚を吊り上げるさまを歌ったもの。し
シューベルト 糸を紡ぐグレートヒェン, D. 118 
11/02/16
1814年に作曲されたシューベルトのリート。詩はゲーテの「ファウスト 第一部」を出典とする。グレートヒェンは紡ぎ車を回しつつ、ファウストとその口車を思い浮かべて口ずさんでいる。ピアノ伴奏の反復リズムは、歌詞に応じて紡ぎ車が速まったり遅くなったりするさまや、グレートヒェンの気も狂わんばかりの昂奮を描写し、恋する娘の動揺や、悪魔の誘惑を効果的に暗示している。グレートヒェンの台詞がそのまま歌詞とされているの
シューベルト 弦楽四重奏曲第10番変ホ長調, D. 87 
11/02/16
この弦楽四重奏曲はどのような経緯で作曲されたのかは不明である。初期の作品だけに、シューベルトの個性が強く出ているわけではないが、既に伸び伸びとした楽想をおいている。【MP3】ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団 / 1953年【楽譜】IMSLP-String Quartet No.10, D.87 (Schubert, Franz) 【動画】
シューベルト 弦楽四重奏曲第8番変ロ長調, D. 112 , Op. 168 
11/01/25
シューベルトにしてはかなり速いスピードで作曲したが、安易で書かれた作品ではなく、弦楽四重奏曲の方面での新しく意欲的な姿勢を見せたものとして注目される。シューベルトは弦楽四重奏曲第8番において室内楽的な性格をより明快に打ち出しており、シューベルト的な面を置くようにしていることがうかがえる。【MP3】ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団 / 1951年 【楽譜】IMSLP-String Quartet No.8, D.112 (Schubert, Fran
シューベルト 弦楽四重奏曲第7番ニ長調, D. 94 
11/01/20
前作の第6番より進歩した筆致を見せている。和声法や主題の処理にはそうしたことが認められているものの、構成のバランスでは未熟なところが露呈している。第1楽章は他の楽章と比べてかなり長大であり、結尾においても充実を図ろうとしているが、結局は長大さに負けていることが窺える。【MP3】ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団 / 1951年 【楽譜】IMSLP-String Quartet No.7, D.94 (Schubert, Franz)【動画】
シューベルト 弦楽四重奏曲第6番ニ長調, D. 74 
11/01/20
前作の第5番でベートーヴェンへの傾斜を見せたシューベルトは、第6番ではモーツァルトの方に接近している。第1楽章はオペラ「魔笛」の序曲の終結部分を参考にしており、第4楽章は交響曲第31番「パリ」と関連している。しかし、第1楽章が他の3つの楽章に比べて長大であり、楽章のバランスという点では、配慮が行き届いているとはいえない。【MP3】ウィーン・コンツェルトハウス弦楽四重奏団 / 1953年 【楽譜】IMSLP-String Quartet
シューベルト 弦楽四重奏曲第5番変ロ長調, D. 68 
11/01/20
第5番は唯一2つの楽章のみで構成されており、明らかに中間の楽章を欠いた形となっている。これはシューベルト自身が2つの楽章だけで十分と考えた、中間の楽章は紛失した、シューベルトが未完成のまま残したという説が挙げられているが、そのあたりの正確な事情は不明である。前作第4番とかなり似通った書法で書かれ、半音階的な書法なとが目立っている。しかし第5番は動機の活用、リズムの変化、規模の大きなまとめあげ方といった
シューベルト 弦楽四重奏曲第4番ハ長調, D. 46 
11/01/14
作曲の動機については不明であるが、1813年の5月3日に作曲が始められ、6日には第2楽章を書き上げ、7日にはほぼ全体が完成された。1813年当時のシューベルトは、この分野で飛躍的な発展を示しており、ソナタ形式をはじめとする他の形式の確立や構成の堅実さの点で大きな進歩を見せている。なお、シューベルトは1813年に入って間もなく変ホ長調の弦楽四重奏曲(D40)を作曲しているが、楽譜が紛失しており、またその作品自体が偽作で
お問い合わせ 運営企業 MMO Communications 管理
Copyright c 2006 podcast ranking. All rights reserved.